らくだの旅が始まります

Water Water Camelのレコ発東京ワンマン終了いたしました。
満員御礼。いろんなゲストも登場して、大いに盛り上がりました。

そして9月からいよいよツアーがスタートします。

Water Water Camel 
「おんなのこがわらう時」 リリース Tour 2012-2013 スケジュール


9/22(土) at 山形 古代の丘 縄文村
  Water Water Camel 「おんなのこがわらう時」 リリース Tour

 ぼくらの文楽 Music&Culture Festival 2012  
 9/22(土) & 9/23(日)
 出演:bonobos、エリックジェイコブセン、Pe'z、コトリンゴ、猫ひろし ... and more!!
   11:00 - 21:00
  2日通し券テントサイト1張付き:¥11,500

  2日通し券:¥9,500

  1日券各日:¥5,000
 Water Water Camelは9/22(土)の出演。

9/23(日) at 秋田 「思い出の潟分校」校舎
  Water Water Camel [「おんなのこがわらう時」 リリース Tour

 「ハイコーフェス3~潟分校Closing School FES 2012~」
  w/平井正也・青谷明日香・Jaaja ... and more!!
 10:00 - 19:00
 入学料 2500 yen

10/20(土) at 長野 ネオンホール
  w.コトリンゴ
 open 18:00 | start 18:30
  adv. 3,000 yen | door. 3,500 yen
 TEL 026-237-2719 (ネオンホール)

10/21(日) at 山梨 甲府 「桜座」
  「Quiet Basin Festival vol.6」

11/18(日) in 大阪 詳細未定

11/19(月) in 香川 詳細未定

11/20(火) at 高知 蛸蔵

12/16(日) at 姫路 ハルモニア

12/17(月) at 京都 MUSE

12/18(火) at 名古屋 K.D ハポン

and more....

ペースはゆったりですが、広い範囲をまわるので今からすごく楽しみにしています。
お近くの方は是非遊びに来てください!



あと、9/16(日) に米軍基地キャンプ座間で行われる年に一回の音楽フェスティバル
「キャンプ座間 ミュージック・フレンドシップ・フェスティバル2012」
にも出演が決定しています。
9/15(土) & 9/16(日) の2日間
open 15:00 - 21:00
座間米軍キャンプ内特設ステージ
入場無料 !!
Water Water Camelの出演は16日の15時30分ごろの予定。

当日はたくさんの出店や屋台も出て、米軍の基地の中で日本に居ながらアメリカンな空気を味わえるチャンスです。興味のある方は是非お見逃しなく!




8月6日 Water Water Camelレコ発ワンマンライブ at 渋谷WWW 
準備風景
f0102003_14502029.gif
f0102003_14503687.gif

[PR]
# by k-mayk | 2012-08-20 15:03 | Comments(0)

夏本番

今年もいよいよ夏本番ですね。
暑さ対策のクールグッズを買いました。
数年前に買ったのは水に濡らして首に巻けば気化熱でちょっと涼しいミニタオル、そんな程度のものでしたが、最近のは着ている服にスプレーするだけで数時間冷たさが続くというもの。
確かに。しばらくひんやりします。でも書いてあった2時間はもたなそう、、。

次はこれを試してみよう。
f0102003_21441718.gif


さて、来月8月6日。
渋谷WWWにて、Water Water Camel レコ発ワンマンライブがあります。
豪華ゲストを迎えて、かなり気合の入ったライブになる事は間違いないです。
是非、遊びに来てください。

『おんなのこがわらう時 』
RELEASE TOUR 2012-2013
東京編ワンマンLIVE
open / start 18:30 | 19:30
adv.¥3,000 | door. ¥3,500(税込/ドリンク代別)

WATER WATER CAMEL
田辺 玄 / 齋藤キャメル / 須藤 剛志
サポートメンバー
亀井 孝太郎(Dr) / 田中 佑司(Per)
Guest : PoPoyans、コトリンゴ、森ゆに、and more.......

このライブを皮切りに、北は東北~秋田、西は四国、九州まで日本全国まわります。
詳細はまもなく発表されると思いますので、お楽しみに。



もうすぐ2ヶ月が過ぎますが、台湾の写真を少しアップ。
f0102003_21552141.gif
f0102003_21553292.gif
Taipei101ビル。509mで2007年まで世界一。でも今はスカイツリーのほうが高いもん。
f0102003_21554482.gif
町並みが映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれる九イ分。この日はものすごい霧に包まれ神秘的MAX。
f0102003_2156096.gif
メインはもちろんこれ。ちゃんと演奏しましたよ。素晴らしいメンバー。素晴らしい音楽。素晴らしいお客さん。Alex Sipiaginのトランペットは神がかりのすごさでした。
f0102003_2156135.gif

[PR]
# by k-mayk | 2012-07-27 22:13 | Comments(0)

衣替え

昼間はTシャツ一枚で外出できる開放的な季節になりました。
スギ花粉もおわり、外でおもいっきり深呼吸できます。

原田夏美 with The Eleventh Farmのライブに足を運んでくださった方々、有難うございました!
良い形がより具体的に見えて、それが間違ってないと思えた気がします。
またゆっくり作戦を練り、軌道に乗せられるまで焦らず頑張っていきたいと思います。


5月の後半には台湾に行きます。数日リハーサルをして6月1日と3日が本番とのこと。
なんとNYから憧れのトランペット奏者Alex Sipiaginも参加してくれるんです。
Mingus Big Bandをはじめ、Michael BreckerやDave Hollandといったジャズの巨匠のバンドでも大活躍し、自分のリーダーアルバムはNYでまさに今旬のメンバー達と現在進行形のジャズを追求している、憧れのトランッペッターです。
今からすごく楽しみにしています。




6/1(金) pm8:00 台湾 新竹 Living One
Alex Sipiagin(Tp)
Stacey Wei(Tp)
Yu Ying Hsu(P)
Yohei Yamada(Ba)
Kotaro Kamei(Dr)

6/3(日) pm8:00 台湾 台北 信義誠品文化ホール
Alex Sipiagin(Tp)
Stacey Wei(Tp)
Yu Ying Hsu(P)
Yohei Yamada(Ba)
Kotaro Kamei(Dr)
[PR]
# by k-mayk | 2012-04-29 23:38 | Comments(0)

春のかをり

多摩川沿いに桜が咲き始め、ふわっと春の香りがしました。
ここ連日の強風ですぐに散ってしまわないか心配ですが。

そんな2012年春。
ついにプロジェクト始動!

構想すること数年。重い腰をあげ、やっと動き出します。
亀井孝太郎 リーダーバンド。
その名は、"The Eleventh Farm"
今回はボーカルの原田夏美と組んで、心に心地よく響く音楽を作ります。

ライブ第一弾は、
4月15日(日)@東京倶楽部の目黒店。

原田夏美(Vo) with The Eleventh Farm

The Eleventh Farm are
亀井孝太郎 (Dr) 
山田豪 (G)
竹内大輔 (P)
芹澤薫樹 (Ba)

是非、この門出を見届けてください。


Juliaさんと1セットずつ入れ替えのライブになります。

第1ステージ: 19:30~20:00 Julia
第2ステージ: 20:30~21:00 原田夏美 with The Eleventh Farm
第3ステージ: 21:30~22:00 Julia
第4ステージ: 22:30~23:00 原田夏美 with The Eleventh Farm
[PR]
# by k-mayk | 2012-04-06 03:13 | Comments(0)

やられました

やはりまた見に行ってしまいました。Brian Blade。
今年最初にダニエルラノワのグループで来日したのは都合で行けなくて、しかも
連日神がかった演奏の連続だったと聞いて、ものすごく後悔してたのもあり行ってきました。

今回の来日は、クリスボッティのバンドで素晴らしいサポートをしてるピアニスト
Billy Childsのグループ。
ステージの最初から最後まで、もしボリュームのメーターがあるならからくらいの音量、たまに瞬間くらいまで跳ね上がる。あとはまた終始サイレント。
この音量でこの緊張を保つのはこの人達しか出来ないだろうな。
一見サラっとやってる内容もすさまじく高度で、難曲の連続。いわゆるバッキバキのキメ(リズムやコードを合わせるフレーズ)もバッキバキにやらない。スパっと鋭利な刃物で切ったように合ってるが音量はから
切られた本人は気付かないけど致命傷を負ってるみたいな。すごい。

ただ唯一思ったこと。僕の好みとしてはもうがんがん盛り上がって奇跡の連続が繰り広げられるシーンを期待してしまった。このメンバーが集まってるのだから、余計に見たい。
リーダーのコンセプトなのか、性格のいいメンバーの集まり過ぎて遠慮がにじみ出てたのか。
最後の曲でBrianのドラムソロでブラシから始まった、よしっこれからスティックに持ち替えて盛り上がるのかな思って椅子を少し前傾に座りなおして期待してたら、30秒くらいでそのまま静かになって終わってしまった、、。あら??
僕だけでなく、会場にいた9割の人はそう感じてたと思う。
それがこのステージ唯一のドラムソロ。

でも、名演には間違いない。日本でこういう音楽が見れるのは本当にありがたい。
f0102003_1342140.gif



あと、最近やられたのはRobert Glasperの新譜Black Radio。
2曲目のErykah BaduのAfro Blueが始まった瞬間、この気持ち良さ。新しさとあとなんとも言えない懐かしさ。素晴らしい。
CDをとおして最後まで聴くと、決してぶれない、いやぶれ無さ過ぎるGlasper世界観に少しお腹いっぱいになりそうだけど、僕はかなり好きです。

寝酒のお供にぜひどうぞ。
f0102003_13421360.gif

[PR]
# by k-mayk | 2012-03-20 13:46 | Comments(0)